年間300時間を節約!店舗やオフィスの掃除に断然おすすめのスチームクリーナー

スチーム掃除機でのガスコンロ掃除のコツ

通販番組で、台所掃除などに使うハンディタイプのスチームクリーナーが宣伝されてました。

実際に使っている映像を見る限り、油汚れ用洗剤を使ってゴシゴシこするよりは、確かによく落ちそうですけど、その反面その油汚れってスチームクリーナーにつかないのかなって不思議になりました。

でも普通通販番組って、こんなに汚れが落ちました的なこと重視して、その後の掃除用具はこんな感じです的な映像はまず流しませんから。

そこで実際はどうなのかと調べてみると・・・やはり、すぐブラシの先に油汚れがついてしまって使いにくいという感想もありました。高温蒸気でとかせない分の油汚れは、確かにブラシの先端についてしまうみたいです。

そのため、油汚れを掃除する場合は、洗剤を溶かした液体を予めタライに用意しておくと良いみたいです。ちょっとブラシが汚れたら、その中にブラシをひたして、同じようにスイッチ入れて動かすことで、油汚れが落ちてブラシが綺麗になるそうです。

これはちょっとしたコツですけど、やるとやらないとでは絶対大きな違いだと思います。